090-4804-8070

新着情報

成長に合わせた、子供部屋のリフォーム・リノベーション!


 

子供部屋のリフォームでは「子供の好みを反映して、可愛い部屋にしたい」、

「楽しく遊べる部屋にしたい」といった声が多く聞こえてきます。

しかし、リフォームを行うとなれば、せっかくなら

成長してからも使い勝手の良い部屋にしたいですよね。

今回は、成長に合わせた子供部屋のリフォームのコツを紹介します。

 

 

子ども部屋リフォームのポイント

まずは子供部屋のリフォームを行うにあたって、意識したいポイントを紹介します。

 

 

子供の様子がうかがえるように配置

 

子供部屋を配置するときは玄関から子供部屋に入るまでの

動線を親の目が届くようにするのがポイント。

「リビングを通らないと部屋に行けない」といった造りなら、

帰宅時の子供の様子がわかり、微妙な変化に気が付きやすいです。

対して、孤立した造りだと子供の様子が分かりにくい上に、

快適な環境である程部屋にこもりやすくなってしまいます。

 

 

二階やロフトへの配置には要注意

 

一階にはリビングやバスルームなどの共有スペースが配置されるため、

子供部屋を含めた各自の部屋は上の階に配置されることが多くなります。

子供部屋をこもりやすい環境にするには、できるだけ

共用スペースに近い場所に配置するのがおすすめですが、

やむを得ない場合にはできるだけ見通しの場所に配置することをおすすめします。

特にロフトは死角になりやすいので注意が必要です。

 

 

成長しても使いやすく

 

子供は日々成長していきますから、

子供部屋のリフォームも成長に合わせたものにする必要があります。

たとえば、小さな子供の目線に合わせて作り付けの棚を設置した場合、

成長するにつれて使いづらさを感じるようになります。

成長に合わせて形や高さに変化をつけられたり、

容積を増やせたりする可動式の棚や収納がおすすめです。

 

 

間取りの変更は慎重に

 

子どもそれぞれに個室を作りたいといった声はよく聞かれますが、

完全に個室にするのか間仕切りを活用するのかでも、

その後の部屋の使い道は大きく異なります。

完全な個室にした場合、場合によっては

後々再リフォームが必要となる場合もあるので慎重な判断が必要です。

 

 

子供部屋の収納をリフォームするコツ

 

年齢に合わせた収納

 

子供部屋では収納方法についても子供の成長を想定した方法を選ぶことをおすすめします。

子供が小さいうちには、大きな箱にまとめて入れるだけの分かりやすさを重視した収納がおすすめです。

成長し、持ち物が多くなってきたら細かく分類できるような収納に変えると良いでしょう。

 

 

ベッドの下など空きスペースを活用

 

子供部屋にベッドを置く場合は、ベッドの下も

収納スペースとして有効活用することができます。

ただ、ベッドの下にそのまま収納すると、

収納物にホコリが付着してしまうため、スペースに合った

ケースや引き出しを探し、設置した方がいいです。

 

 

使いやすい子供部屋のレイアウト

 

子供部屋は生活空間と寝室スペースが一体となった部屋です。

そのため、スペースごとに意味のある空間を作りましょう。

ここは勉強のスペース、ここは遊び、ここは寝るためのスペースといったように、

インテリアの配置や間仕切りなどで分けると生活にメリハリがつきます。

また、複数人で一部屋を使う場合にはパーソナルスペースを区切り、

子供が落ち着いて生活できるよう工夫しましょう。

 

 

子供部屋リフォームの費用

子供部屋のリフォームでは、50100万円のリフォームを行われる場合が多くなります。

リフォーム内容としては収納の増設や、

部屋を間仕切りで仕切れるようにするといった成長に合わせたものが多くなっています。

 

 

まとめ

どうでしたか?成長に合わせた部屋づくりが大切です。

子供部屋の内装や仕切りを大幅に変える場合には、

業者へ依頼することで工具や材料を揃える手間や時間を省き、

なにより適切な方法でリフォームを行ってもらうことができます。

お部屋のリフォームをする際はぜひ株式会社おがわ工務店にお任せください。

岡山県の注文住宅やリフォーム・リノベーションは株式会社おがわ工務店にお任せ下さい。


会社名:株式会社おがわ工務店

住所:〒700-0842 岡山県岡山市北区船頭町153

TEL:090-4804-8070

定休日:不定休

対応エリア:岡山県全域

業務内容:新築の注文住宅/各種リフォーム・リノベーション/オーダー家具製作/店舗リフォーム

pagetop